2017年8月18日金曜日

気仙沼BBQといえば

工事2日目にして、5時終了後からすぐ裏手で気仙沼名物「バーベキュー」をご馳走になる!
オーナーさん、店長さんともに、チャキチャキの気仙沼っ子!
気仙沼の人々が年中熱くなるのがバーベキューとホルモンとのこと。
1人1回1キロ食べるのが平均らしい。
とはいえ、
関東もんとしては気仙沼といえば海産物なんでないかい?
ということで、
まあそれはそれで当たり前田のクラッカーなんだども、
とりあえず、
戻りカツオの刺身でスタート。
焼き物はホタテ1人三枚からスタート。
間におにぎり1人二個。
やがてレアもの、カツオのハラミ、カツオのハツ!
もうそろそろ陽も暮れて腹も満たされたころに本命出動。
味噌漬けされたモツを焼く。
必ず網で焼く。
フライパンは絶対NG!
皿に盛ったキャベツの千切りに熱々のホルモンを乗っけて、そいつにウスターソースをぶっかけて食らうのが気仙沼スタンダード、だとか。
なんとなく予想できる味なので気乗りはしないが郷に入ったら郷に従う!のだ(笑)
結果、
予想外に旨かった!
想定内だが、灯台元暗しとはこのことか?

まだまだ数キロの各種ホルモンが待っていたが、今回の職人、四人合わせて207歳。もうごちそうさまです(笑)
ありがとうございました!
また明日からホルモンパワーで頑張りまーす‼

2017年8月17日木曜日

気仙沼プランツ

本日より着工!
今回の現場は新築の建屋!
なんですが、
普通の倉庫とは違ってテント生地に囲われている。
駆体からはあまり補強は取れないのでセルフスタンディング方式の壁裏の骨組みを作る。
かつて地元藤沢のウォーリーさんでの経験が活かせる。
とはいえ壁はビニール生地なのでむやみに鉄骨などの資材を立て掛けられない。
初めての工法なのでいろいろ面倒臭いしいちいち試行錯誤だけど、だから面白い!
慣れない激重のH鋼の鉄粉と油汚れで身体中が「気仙沼炭鉱」風に(笑)
トイレも電気もない現場だけど、
明日も頑張りまーす‼

みちのく巡業スタート

毎日雨雨の関東から脱出!
栃木県足利市ではマウンテンクリフ様にて増築工事の打ち合わせ。
続いて宇都宮の兄貴の家で先日亡くなった父親と七回忌の母親の位牌に送り盆の線香をあげる。
さらに雨の中を北上し、明日からの現場に到着。
宮城県気仙沼市のプランツ様。
さっそく社長に連れられて美味しい三陸海鮮丼をご馳走になる。
アワビ、フカヒレ、イクラがふんだんにノッカッテイル!
中性脂肪の多い身にはちとコレステロール摂取過剰だけど、明日からの頑張りで消費すればそれで帳消し!?
美味しかった〜
ごちそうさまでした!

ということで、明日からのある意味初めての工法現場、頑張りまーす!

2017年8月15日火曜日

B-pump Tokyo

長期間に渡った改築工事でしたが、完成後はバタバタしていて新しい壁を登れないままになっていました。
明日からの2017年秋冬全国現場シリーズが開始するのでその前になんとか行きたいなあと思っていたら、ちょいと行ける時間ができたので久しぶりに電車通勤?
電車はガラガラなのにジムは開店前から行列のできる相変わらずの大人気ぶり。
肩の痛みが引いてきたのでほぼ2ヶ月ぶりにちゃんと登る。
とはいえ恐る恐るびくびくしながらやさしい6〜4Qのみを登る。
1階、2階、3階の新しい壁は傾斜も緩いので足で立っていく課題が主体なので、破滅的な肩関節には負荷が少なくて良い。
2時間弱、ちんたら登って終了。
以前だったらアップにもならないぐらいの強度だけど、少し違和感が出てきた時点でストップすると決めていたので、おそらくセーフだろう。
肩の件はまた別の機会に書けたら良いかなあと。
やはりクライミングは楽しいな!
おそらく前のようには限界に向けてのトライとかは出来ないけど、いわゆるエンジョイクライミングだけでも末永くできる状態をキープしていきたいものだ。

仕事が出来て、少しばかりのクライミングが出来て、
まあそれだけでもよしとしないとだな。

壁は不具合なし!
最凶と評判の3階の6Qも15回目ぐらいで登れたし(笑)

2017年8月11日金曜日

ロッキー富津店改築工事

3年ぶりに富津店へ!
新築工事のときは夜間現場だったので、朝から現場に入るのはちょっとした違和感が(笑)
今回は先月のつくば阿見店に続き、ロッキーボード設置のための130度壁改築工事第2弾。
今回はさらに110度壁増設も!
解体からはじまり2日間、残業続きでヘトヘトになりながらもなんとか完成!
完成したそばからさっそくロッキーセッターチームによって速攻でルートセット。
セッターチームにも完成時間が遅くなって迷惑おかけしましたが、また次の機会もどうぞよろしくお願いいたします!

2017年8月8日火曜日

夏の小川山

当社の片腕、
というか現在片腕の社員(笑)
の助っ人として今年初の小川山へ。
講習会のロープガンとして5.10台の各ルートにトップロープを懸けに登る。
両肩の痛みも、ここのところひとつき以上登らないようにしていたおかげ?でかなり収まってきている。
ジムと違って岩場はよりインナーマッスルで対応できるのでだましだまし恐る恐る登るにはより好都合。
夕方というか昼立ちが早い廻り目平なので朝8時からクライミング開始!
午後早くから山のあちらこちらからゴロゴロと鳴り始めるも、講習生のみなさんもいい感じで仕上がっていて、ずぶ濡れになる前に下山。
久しぶりのクライミングだったけど、なんとか痛みもなく登れて良かった良かった!
やはり岩場のルートは楽しいな。
高山性のシラフヒゲナガカミキリもたくさん発見。
夏山、満喫!
みなさん、お疲れ様でした‼

2017年8月7日月曜日

仮卒業

都内某所での工事も、壁建てが完成しました。
場所等の公表は出来ませんが、10月始めにオープン予定とのことです!

お盆をはさんで今月はこの後、宮城県気仙沼市へ久しぶりの遠征現場!
今後の現場の段取りもたくさんあって、本当に忙しいですが、仕事があるのはありがたいものです。
みなさん、ありがとうございます。

今年はまだあと4ヶ月ありますが、もうすでに個人的には大きな変化、出来事が目白押しで、時々クラッとくることもありますがなんとか踏ん張っております。
いまが頑張りどころ!
まあ、ずっと頑張っているような気もするけど(笑)
1日ぐらい休みが欲しいけど、まあマグロ人生を選んだので、休まず、止まらず、泳ぎ続けまーす!

2017年7月30日日曜日

初体験

大安吉日の週末
9月に着工予定のTO-9蒲郡店に行って来ました。
地鎮祭と商売繁盛、安全作業のご祈祷に参列。
イケメン宮司さんが厳かに榊を振るなか、自分も無事故工事を祈念してきました。
テレビでは良く見るけど、実際に当事者として参加するのは初めてのことでした。

ついこの間まで父親の葬儀や納骨とかで日本らしい?お坊さんの読経風景のなかにいたので、神と仏は違えども、なんだか日本人に生まれてきたんだなあと変な実感を抱いた。

基本的には人生すべては自己責任なので、自分は神も仏もとくに信じていない。
ただ、厳しい環境に置かれると人はすぐに本性を表すことをつい最近実体験したばかり。本当に強くて信用できる人は少ない。
いにしえより太古の日本人が厳しい自然のなかで生き抜いてきた知恵が、神事、仏教などに反映されてきたことは間違いないことなので、理屈抜きでこういう儀式は改めて気持ちが引き締まる。

9月といわず、明日からも安全作業で頑張るぞ!
おーっ!!

2017年7月27日木曜日

電車通勤継続中

今週も小田急線にお世話になっております。来週も。
もうすぐ2ヶ月、電車通勤。
関東どんな地域からでも基本的にはほとんどの人達が都心に向かって集まり、夜にはまた散っていくという毎日ですが、人間ウォッチングもまた面白い。
どぶねずみ色の人達がほとんどなので自分のような職人風情は浮きまくっている。ふだんハイエースの中しかいないので分からなかったけど、世の中で自分がどのように見られているか、毎日のいろんなリアクションで、なるほどなあと、見た目ってけっこう大きな要素なんだなあと実感しております。
みなさんカバンや手提げを持ち歩いていて、超満員の車内では手が片手しかないからバランス崩して前後左右に倒れてくるけど、肉弾戦なので不思議と将棋倒しにならない混雑っぷりが慣れてきていることが恐ろしい(笑)
自分は道具類はすべて現場に置いてあるから財布と携帯だけの手ぶら通勤。つり革手すりで毎日自然とトレーニング!
ほとんどがアイソメトリックだけど(笑)

現場はわけあって公表できませんが当たり障りのないない程度に。

2017年7月25日火曜日

秋葉原卒業!

4月から、6期に及んだ大改築工事もついに完了しました!
まだ消防検査などの緒手続きがあってお客さんへの全館解放は先になると思いますが、いましばらくお待ち下さい!
これだけ長い工期だったけど、なんとか完成することができ、施主であるパンプの皆さんの全面協力には大変お世話になりました。ありがとうございます。
関係者の皆さん、お疲れ様でした!

本当にありがとうございました!

安堵感も束の間、
さてさて、
次の現場に行きましょうかね‼

2017年7月20日木曜日

いよいよ

B-pump Tokyo店様での長い長い改築工事もそろそろフィニッシュ!
5期に分けての工事は、桜咲く4月から始まり、梅雨明けの今日完成予定です!
4ヶ月という長い工期だったので、いろんなことが起こったりしました。
ずいぶんとメンバーも少なくなりましたが、本当に信用できる人だけが残ったので、これからのことを考えるに良かったことだと思う。
馴れ合いのなあなあでここまでやって来たツケの代償は痛いけど、自分はただ壁建てしてればそれでいいんだとはサラサラ思っていない。自分の理想とする仕事の仕方に同意できない者は去ってもらって結構。腕が多少悪くても、クライミングを好きではない職人はただの工務店のおじさん。だったら腕のいい工務店の職人さんと仕事をしたほうがよっぽと良い。
お客さんであるオーナーさんとか店長さんは100%クライミング大好きでジムの仕事で食べていこうとしている人達。
そんな人達と一緒により良いもの、理想とするものを一緒に作り上げていくことが目標で株式会社ストーンマスターズを立ち上げた。
そのためには自分が33年間クライミング続けてきた経験を活かしたいし、同じような目標を持った者同士で高めあっていきたいと思っている。
例え独りになってストーンマスターズでいられなくてストーンマスターと単数形になったとしても。
自分はクライミングが下手なのでなんにも誇れる記録も成果もないけれど、クライミングで食べていきたいと目覚めた30年前の六本木の夏空は忘れない。
たしかにいろいろ脇道それたり脱線したりの半生だったけど、それだけたくさんの余計なことを経験したおかげで、いまは壁建てが天職だと思っています。

いままでお世話になった皆さん、ありがとうございます。
そして、
これからお世話になるであろう皆さん、
どうぞよろしくお願いいたします!

2017年7月14日金曜日

来るものは拒まず、去るものは追わず

自分は半世紀以上生きてきて、自分の性格は把握しているつもりでいた。
良いところも悪いところも。

今週もいろんなことが起こったが、おそらく今年一番のマイ出来事として一生忘れられない事件が起きた。
それは夜逃げ!
テレビの中だけの話しかと思っていたけど実際に体験というか被害に遭うとは思いもしなかった。
しかもダブルで!

一方的な要求や態度に少しの時間と距離を置いて、話し合いを提案したけど無視されたあげくの驚愕の行動に、もうなにも言えない。

自分は人を信じすぎる傾向があるので、昔から裏切りや詐欺まがいのことに巻き込まれてきた。
そのたびに自分が悪いんだと、隙がありすぎるからなんだと思うことにしていた。
今回の前兆は1年前から感じていたけど、古い仲間だし、若い未熟者だし、いつか分かり合える日がくると、自分が出来ることは精一杯に、すなわち高額な報酬と手厚い手当てを与えてきたつもり。
でもそれが彼等をさらに増長させる甘い蜜だったようだ。
彼らはクライミングはもうしていないしもうするつもりもないから未練がましもないのだろうけど、工事がこれから佳境で忙しくて大変なタイミングに差し掛かったときにこの行為をすることが、どのような結果を引き起こすのかまでは全く配慮もしないところが、怒りを通り越してただただ呆気にとられる他なかった。
こちらの被害、パンプさんの営業妨害損害補償金(当然割り勘していただきますが)、
まあそんなところまで考えて行動はしていないだろうけど。
そんな輩を信用していた自分が情けない。

クライミング業界にはもう2度と顔を出さないだろうし、出せないでしょう。
クライミングのクの字も口に出してほしくない。
壁建て仕事も廃業するしかあるまい。
それでもどこかで誰かが拾ってくれるのではないか?という自分あまちゃんな彼らの性格なので、拾った人はもう残念ですね。何度でもやりますよ、同じ事を、絶対に。
現にウソついて業界仲間のところに、夜逃げしたその足で泣きついていることも知っています。

これは警告です。
訴えますよ。


2017年7月8日土曜日

B-pump Tokyoとロッキーつくば阿見

今週も終了〜
現場系のわが社は基本的に日曜日のみお休み。
都内通勤が続くなか、今日土曜日はハッピーデー!?
月曜日〜金曜日は朝6時の行きも帰りも殺人的なラッシュでそれだけで1/2級は感じるのに、土曜日は劇的にガラガラで10級、急行だって座れる!
ほとんどの人が同じようなサイクルで動いていることが、やっぱり不思議だ。
というか気持ち悪い(笑)
勤め人歴ゼロなので、まあ自分が変なんだろうけど。
やはり座っていけるのは同じ電車賃でも得した気分になれるのがいい!

ということで、
今週もなにかと忙しかった!
なにが忙しかったかなんてもう覚えていないぐらいに(笑)

パンプ東京の2階はついにマットも設置完了して、セットも終わり、すぐに解放!
というかセット中でもお客さんが勝手に登ってくるほどの飢餓状態だったらしい(笑)
正式に解放されたらもう入れ食い入れ食い!
すごいですねー
まあ、自分も肩が痛いのでアフター5にちょこっと登りで楽しませてもらってますが。
AGフリクション塗装は絶妙な摩擦係数で、スメア課題は特に良いです。

ロッキーさんにも二股?遠征改築工事へも行ったなあ。
130度の大きい壁を建てましたが、これからロッキーボード(ロードではない)として関係系列店で共有課題を登れるようにするとのことです。
夏〜秋で各店舗の改築工事に参りますので、ホームジムのお客さんは楽しみにしていてくださいな。

なかなか休みが取れない毎日と、身体中の節々がイタいことになってきているけど、まあまだかろうじて五体満足なので、身体の悲鳴に耳を澄ましながら細々とクライミングを楽しく続けていきましょうかねえ〜

2017年7月5日水曜日

秋葉原2階完成

B-pump Tokyo店さんの全館フル改築工事もようやく半分通過、というところでしょうか。
2階、階段上がって左手のメインウォールの左半分も完成し、明日のウレタン搬入を待つばかりです。
今週は3階スペースボルダーのさらに奥側に壁を増設工事です!
作業スペースが手狭なので、既存のマットまで領土拡大してブルーシートで仕切らせていただいております。
お客様にはなにかとご不自由をおかけしますが、何卒どうぞご勘弁を。

2017年6月30日金曜日

TO9蒲郡店

すっかり慣れてきた都内への電車通勤。
今朝は同じ時間に出発して、東ではなく、西方向へこだまで出勤!
愛知県新城市にあるTO9というジムにはサブマット納品で何度かお世話になっていますが、この度2号店を出されることになり、現地視察と打ち合わせに。
おめでたい!
とんとん、とんとん話は進みました。
オープン予定はこの秋に!

帰りはひかりでばびゅーんと秋葉原の現場に戻りまっせ〜

2017年6月27日火曜日

秋葉原2階、部分オープン!

わっせわっせと、
目まぐるしい1週間が過ぎ、昨日月曜日には無事にウレタン搬入とカバー設置まで予定通り進みました。
2件ほど誤差がありましたが、それはそこ。うまく丸く納めて、セッターチームに引き渡し。
昨夜ははやくもフライング気味に解放されましたが、今日も明日も登れますよ!

現在工事中の左側は、ウレタンをまだ発泡させている関係で少しオープン遅れます。詳細はまた追って!

2017年6月23日金曜日

秋葉原第3期工事第1週目

2階の左側、7割方の壁をすべてキレイさっぱり壊してからの、改めて新しいレイアウトの壁を作っております。
明日で奥側の3割ほどが完成予定!
そして来週月曜日にはウレタンを敷きカバーを固定して、ルートセット(これはパンプセッターチームがやりますよ)
たぶん来週水曜日には奥側解放となりますので、常連さん達はもう少しガマンしてください。
とはいえ、4階が新規オープンしたので実質の壁面積は工事中の現在よりは広い!という事実を皆さんもっと知っておいても損はしませんよ(笑)
これからどんどん登る面積増えていくのでお楽しみに!

そして、
お昼のお楽しみは定番の武蔵と丸五。
定番すぎてまたか、という常連ぶった気持ちもなくはないが、
口に入ると瞬間に、またこの旨さが!
と幸せな気分に(笑)

そんな毎日のなかでも、たぶん10年以上ぶりに市の健康診断を受けていたり。
生まれて初めての胃カメラはなかなかに痛辛かった!
なによりも目の前でカラー映像で自分の内側を生中継で観察するというのが新鮮な体験だった。とくに自分はカメラマンだったので、これぞまさにリアル4D映像なのでは?と思ったが、検査士のシャッターのタイミングがイマイチで、ほとんどがブレボケカットだったのが納得できなかった。
もっとキレイに撮ってくれよー(笑)

追記
幸いにもモニターにはUMA未確認生命体らしきものは映らなかった。
スカイフィッシュも横切らなかった!(笑)

2017年6月20日火曜日

B-pumpTokyo

第3期改築工事始まりました!
メインエリアの左半分を取り壊し。
どこでもそうだが、
改築工事にホコリは付き物。
チョークが一番多いのだけど、どす黒い粉末や、やや黄土色がかった粉末もあり、それぞれシューズの削れカス、指皮等の削れカス、と思われる。
それらが壁裏や骨組みに堆積し、取り付きにはボサボサ溜まっている。
これぞ、リアル東京粉末(笑)

解体工事やマットの搬出、あらたな資材搬入はパンプ各店舗から全員合わせて35段ぐらいの戦闘能力が集結したので、フルに1日かかりましたがなんとかスケルトン状態にまでキレイさっぱり片付けられました!
ご苦労様です。
ありがとうございました!

2日目からいよいよ新しい壁の工事、入らせていただきます!

なお営業は通常通り昼からオープンしますが、登るところが少ない!と危惧されている方、
大丈夫ですよ〜
なんと本日から4階が新規オープンです!
本当に、本当に、
オープンな壁ですよ‼

2017年6月18日日曜日

第4回スポドリ!カップ

早いものでもう4回目となったスポドリ!カップ。
毎年参加してくれている選手もいて、みんなそれぞれに成長してレベルアップしていることを見てとれることもなかなか興味深い。
やはり、どんな形にせよコンペというのは非日常的な刺激だし目標や現在地の目安になっていることは確かなことだなあと再認識。
もちろん、
岩場で目標のルート、課題をトライすることが自分等の世代のスタンダードなんだけれども、
街には街の、それぞれの生き方があっても良いものだなあと、
最近はよく思う。

自分等はロッククライミング世代。
いまはクライミング時代。
ロックというしがらみは、なくてもいいのかなあとも時々思う。

コンペ創世記に携わった人間としては、
もういまは現在のコンペの動向や、ましてや岩場の最先端のことなどとは、遠い遠ーい存在だけど、
親がなくとも子は育つ、
ということわざどおりで、
いまはいまな人達が一生懸命に活動してくれているので陰ながら応援するばかりだ。

スポドリ!の壁裏からコンペまで関わらせていただいているけど、来年からは若いセッター、若いボルダラーが引き継いでくれるそうなので、安心して引き継げる!

そして、文字通り裏方として堅実な仕事ぶりにいつも関心していたスタッフのブリッジマウスさんがこれを最後に退職、渡米するという。
男なのでなでしこではないけど、けっして前には出ないけど安心安定の存在感。頼りになる人!
常連のお客さんも分かっていて、
大会後は自然と感謝の!?胴上げ(笑)
人となりは、誰も口に出さなくてもみているものなんだなあと、改めて良いオトナの良いおこないに胸が熱くなった。

コンペも実に完璧ともいえるフィニッシュで、選手スタッフみんなで満喫できたようで良かった良かった。
もちろん、
悔しい思いをした人も多いでしょうが、これを、糧にまた明日から頑張ってほしい。

皆さんお疲れ様でした。
そして、
ありがとうございました!