2018年10月10日水曜日

Over the Rainbow

群馬県榛名黒岩のことではありません(笑)

スペイン修行もついに最終日が終了!
最終日にふさわしく寒くて大荒れ、雷雨な1日。
そんななかでもギリギリまで頑張るのが中年の持ち味。

先週登ったエルセペスは7C+/8A。
2年前まで8Aだったのに格下げされたので、今回の目標8Aというのはいまいち半分達成?で中途半端。
ルート内容はけっこうメリハリ効いた好ルートだったので登れたことには満足してる。
んが、
やはりもう1本は登っておかんとしめしがつかん!ということで、
自分的には超苦手系の長くて耐久性持久力ルートのコリセイム8Aをロックオン!
とはいえ持ち時間は4日。
最初の2日間で3トライ。
とりあえずムーヴはすぐにバラたが30m超のルートスケールにレストポイントを効率的に探して休むポイントがいまいち解読しきれず。
初日はついつい面白そうで浮気ごごろで取りついた7B+と7B+/cに勢力を完全に抜き取られて、コリセイムに取り付くのもやっとの体たらく。
帰国2日前にレスト入れて、さあ最終日に全力ぶつけるぜ!と気合い入れるも朝から雨。しかも雷雨。。。
幸いにもグランボベーダはちっとやそっとの雨にも濡れないのがよいのだが、いかんせん寒くてしっぽりしていてコンディションは良くない。
なにより黒い雲のおかげで暗くて乱視老眼にはスタンスがよく見えないというおまけつき。
んが、
昔とった杵柄。
コンペではすべての選手がイコールコンディション。
アップができなくても、どんだけ暑くても寒くても、その日その日は全てのクライマーにとってはイコールコンディションなのだ!
最終日だからといっても特にあげもせず、あきらめもしない。イエイ!なんてぜってーいわねえ。
そんな中年の静かな挑戦も3トライ。
通算6トライ目。
そこまで確実に到達高度をあげてきていたのだが、最終トライは次のホールドとればほぼ終わりに限りなく近い!というポイントで力尽きて奈落へ落ちる。。。

虹の橋を渡ってしまった。。。

うーん、
また来るからな。

ローカルと常連のクライマーにあいさつして2年ぶりのロデラー終了!

肩関節の具合はあまりよくないけど、長いルートならまだぼちぼち楽しめるぐらい登れることが確認できたのは収穫。ただし毎晩のロキソニンテープは免れないけど。
最低目標には微妙に達成できなかったけど、現実を受け入れて次につなげよう。
オーっ!

2018年10月4日木曜日

あと1週間切った!

ここまで3週間。
2日登って1日休むというハタチの頃からのクラミングパターンだったが、ついに寄る年波には打ち勝てず、ついに2日レストという体たらく。。。
それでもまだ身体中の疲労は抜けきらず、ちょっと気を抜いてベッドに横たわるとそのまま数時間寝てしまうという寝たきり老人!
おまけに、
今朝起きてトイレに入ってびっくり仰天!
生まれて2回目?の血尿!まっかっかになった便器を見て絶句。。。
こんなに毎日辛い思いをしてるのに、成果といったら最近グレードダウンされたエルセプスという7C+/8Aの9回目のRPが最高という感じ。
最近の小林ユカちゃんの8A10本オンサイトのどれだけ凄いことか!
ボルダラーばかりの日本人だけど、もう少し多くのクライマーがリードの面白苦しさの楽しみを知ってくれたらもっと世界標準のバランスの取れた真の意味での強いクライマーが増えるんだけどねえ。
あ?愚痴ってもうた。
こんだけ身体中痛くして頑張らなくてはいけないバカンスなんて普通の皆さんには到底理解できないでしょうが、元々が普通ではないので仕方ない。

仕方ないのでとなり街にあるアルケツアールという岩場を偵察に出かける。
岩の上にそびえるたぶん元城今教会を中心に広がる城下町は、久しぶりにヨーロッパらしいただずまいでしたが特にそれ以上でもなく以下でもなくああそうという感じ。
岩場は南向きで観光客の衆人監視の元で登らないといけないような環境なので、これはないなとトポすら買わず。
人に見られて応援されて嬉しいと思うような芸能人系自称クライマー気質の方にはオススメかもしれない。

血尿の原因が判明。
昨夜食べた夕飯にはお世話になっているオーベルジュのパコ旦那が山で取ってきたキノコがふんだんに盛られていて、自分的には腹一杯だけど宿の女将がおかわりどうか?と聴かれればはいくださいという性分なので、かなり無理をして完食。
そのキノコが表面が椎茸みたいだけど傘の裏側が見事な真っ赤!
たぶん15個以上食べた。
キノコを食べ過ぎると腹を下すのだが、やはり昼間はピーピー状態。
なので、おそらくキノコの色が朝の一番、二番、三番発射尿を赤く染めたみたい。
名付けてケツニョウタケ。
味も苦味系であまりたくさんは食べたくない味。
次からは勇気を出して残すようにしますわ(笑)

残り実質4日!
頑張りまーす!

2018年9月24日月曜日

ロデラーの生活風景

ガツガツ登って登って登り倒していた20歳代の頃のヨーロッパツアー。その頃は3ヶ月以上が滞在の最小期間というのが当時の日本人フリークライマーの常識だった。
自分も毎年半年働いたら半年登り、1年間働いたら1年間ツアーに出て自分の限界グレードを計画的に押し上げていた。

古き良き時代。

その当時の自分に、今の1ヶ月だけの滞在でデローンビヨーンとチンチラ登っている自分が将来の姿だよ、と教えたくなる(笑)

それにしても身体中の節々が痛いときたもんだ!

2018年9月19日水曜日

ロデラー生活6日目

2日間登って1日レストのクラミングパターンで、本日2回目のレスト。
かぶったルートを登るのはなんと2年ぶりというていたらくながらも、今回の目標は8a(5.13b)。
前回は帰国直前で8a+(5.13c)をギリギリレッドポイント出来たけどいまから振り返っても奇跡的としか思えない(笑)
ムーヴ的には特に悪いところのないルートとはいえ40mも延々と続く130度平均の傾斜は、持久力のない自分にはまさに地獄絵図!毎回トライごとに全身が焼け焦げた!
今回はまだターゲットルートは確定してないけど、前回の経験も考慮して目標は控えめ。グレードはすべてではないけど、ひとつの目安。
同じグレードでもひどく難しく感じるものやそれほど悪く感じないルートがあるのはひとそれぞれ。
前回はたまたま登りやすいといわれるルートだったからたまたま登れたわけで、今回もそううまく行くなんて調子の良い塩梅で4週間のツアーを小さくまとめるつもりもない(笑)
とりあえず昨日までは〜7C(5.12cd)のルートで焼け焦げた。
いまの段階だと、グレードというよりは傾斜と長さで無条件で前腕カチカチ、全身死後硬直してしまう。
ちょうど並のボルダラーが5mを越えると自動的に身体停止状態になるのとおんなじだ(笑)
なので、
あと2、3クールは大五郎じっとがまんの子であった、ちゃん!
なのだ。
湿気が高いせいかジャンプできないで無様に歩き回っているカエルを良く見かける。
まるで自分のような不恰好さだけど、飛べない親父はせめて落ちずに粘れるように頑張りまーす!

2018年9月16日日曜日

2年ぶり!

スペイン、ロデラーに戻ってきましたぜ!
さっそく全身焼け焦げたぜよ(笑)

2018年9月12日水曜日

スペイン合宿出発!

昨年1年間、今年も半年以上、
まあよく働きました(自分としては)。
自営業というか、いまや会社経営者!の自分の立場としては、世の中の偉い人達にはこれっぽっちもかすりもしないほどの働き方みたいなんでしょうが、まあそこのところは大目に見てくださいな。
ということで、今夜いまから、羽田空港国際線ビルよりスペインへ研修出張(ただのクラミングともいうらしい)へ1ヶ月ほど行ってきます!
現地の通信状況はあまり良くないので、まあほぼこれより日本の皆さんとはしばし通信断絶です。残念です。

たくさんのアミノ酸とプロテイン、ながーいロープを持って、仕事で培った腹回りの黄色っぽい現場筋をどこまで赤いクラミング筋に変えられるか?(笑)

頑張りまーす!

ジュワッチ!!

2018年9月11日火曜日

横パンリニューアルオープン!

今年の猛暑な8月を、B-pump横浜店の大改築工事で過ごさせていただきました!
壁建て職人チームはもちろんのこと、他の内装外装電気エアコン鉄骨などなどの職人さん、そして熱い横パンスタッフのみなさん、みんなお疲れ様でした!!
激闘1ヶ月。ちょい。
そして予定通り9月8日、めでたくリニューアルオープンしました!
長い工事で散っていった常連さん、カムバッーク。
新規のお客さんも、
千客万来!

16年目でかなり大胆な改築工事でしたが、以前の高機能高密度壁レイアウト方式から抜本的に路線変更。
同じ空間とは思えないほどの開放感と明るさが、いにしえの面影を一瞬で忘れさせる出来映えになりました!

壁も綺麗だし、ラインセットメインなので非常に判別しやすいです。
課題は順次増えていくのでホームジムのお客さんにもいままで通りに充分楽しめることでしょう。

なにより以前と大きく違うのは休憩スペースの広さでしょう!
1階も2階も広大!
しかもフリーWiFi飛んでいて、気になる充電もフリー!
若い衆には必須項目なんじゃあないかね?

秋の本格クラミングシーズンに向けて、みなさんよろしくお願いいたします!