2019年1月8日火曜日

ベースキャンプ飯能店

新年4日より埼玉県現場は再スタート!
朝晩はそれなりに冷え込むけど、新規導入のマキタバッテリー式暖房オヤジチョッキ(ベストともいう)によってホカホカ快適!
年明けより強力助っ人二人が参戦し、みるみる間に壁が出来上がっていく様は、職人冥利?に尽きる。

2019年1月2日水曜日

初登り

ひとつき半ぶりの岩登り。
2019年最初の岩登りは身近で手頃な御岳へ。
2010年シーズンはけっこう通ってたけど、その後は年に1回行くかどうか。
身近なところほどいつでも行けるという変な安心感が灯台元暗しを産んでしまうのか。
久しぶりに行く御岳の寒くて冷たい冬の朝は、懐かしいキリッとした空気に包まれていた。

年末(クリスマスイブ夜らしいが)に行われたテロ行為。
無差別破壊。

愉快犯ならば古今東西関わらず犯人は必ず現場に戻るという。
SNSの発達のせいか、いろんな情報が飛び交った後遺症か?正月の御岳にしてはボルダラーは少ないような気がした。
当然、忍者岩の人数も少ない。
何ヵ所削られたかは最近通ってないので厳密なカウントはできなかったけど、忍者返しの出だしの左手(虫の右手)はあからさまに外傾しており、細かく叩いた痕跡も確認。その下のホールドや蟹のホールドにはあきらかに細いタガネ(10mm幅ほど)で叩いた痕跡も。
犯行に使われたと思われる折れた金ヤスリも発見。(なぜかって?金ヤスリなんて普通岩場でなにかを削るためにつかいますか?)
尻の末端にはなにかで叩いて変形した跡があって、ヤスリ部分にみられるサビがないことから最近叩いたことは明らか。いくら乾燥した季節とはいえ河原の湿ったところに放置されたノーメッキの鉄部分はサビの進行は早いはず。
カヌー関係者が使ったものかもしれませんがヤスリでなにか思い切り叩くような作業はFRPのフネにはあまり関連性は思い付きません。
クリスマスイブというのもかなり意図的に計画的な犯行だということが伺われる。
しかも証拠品と思われるものまで残置?すること自体がかなりのサイコパス。精神異常者。

すべては推測ですが、
なんにしろ、
ヤラレタことは事実。
科学的根拠ばかり残されている。
犯人を探すことは必要だし、法的に裁かれて当然。
犯罪ですよ、これは。
100万人ホールドのチャートという特別硬い岩が短時間で複数不可抗力に欠けたり取れたり削れたりすることはあり得ないでしょう。

ボルダリングを含めたクライミングというのは「自由」ということばが基本的にもっとも重要なことだということを、自分を含めた年寄りが、どんなにバカでアホなガキにでも(あるいはクソとっつあんでも)根気強くそいつの腱板むしりとってでも伝えていくことが大事なんだなあと改めて思いました。

ひとつの自由を得るには、それこそ命懸けで多くのことを犠牲にして、そして本当に命を落としながら、多くの命の上にいまの世界がある、という事実をあまりにも知らなすぎる。

それでももうないものはない。
でも、
御岳のクライミングはこれからも続いていく。
岩がある限り続いていく。
だからつまらないことは無視して、
登りたい岩をみんなでこれからも登っていく。
ただそれだけ。

(写真 NK)

2018年12月30日日曜日

猿吉

「さるきち」と読みます!
千葉県は外房にある東金市にオープンした本格的なクライミングジムです。
巨大なキッズウォール部屋と、8面あるボルダリングルーム。そして看板代わりの高さ17m!のトップロープ壁という構成。
自分はいまをさかのぼること9月にムーンボード兼130度壁を先行で工事いたしました。
それから3ヶ月。
地元工務店さんが建物からマットまでなにからなにまですべて自力で施工という驚くべき奮闘ぶりです!
中国のメーカーと直接かけあってFRPボードの個人輸入から17mの建設まで行うという実力。

本日は、
やっと届いたムードホールドの設置とプレオープンの様子を伺いに関東横断。
県道からは茶色い壁がそびえ立つ様子がなによりもインパクトのある看板代わりとなってます。
内外装もおしゃれでキレイ。
課題はノブらプロセッターによるセット。
キャンパスボードもあるし、待機スペースは充分広い。
そして、
今日からLEDナビゲーションシステム付きのムーンボード2017年版も完成しました!

グランドオープンは年明け1月4日からだそうです。
基本的に年中無休。
1月いっぱいは利用料三時間まで1000円!(登録料500円)
ご近所のみなさん、是非登りに行ってみてください!
特に初心者の皆さんには、
とても穏やかで優しい店長さんがマンツーマンで登り方を教えてくれますよ♪

ベースキャンプ飯能

クリスマスより工事始まったベースキャンプの3店舗目にあたる、飯能店。
1週間で「シオバラ」の形がほぼ立ち上がりました!
ストーンマスターズ職人チームと、久しぶりに売れっ子D班長というメンバーだったので手際よく役割分担して順調に工事は進みました。
人間には問題点はないのですが、どうも重要な道具に不具合があることが顕在化してしまい、新年は思いきった新規購入案件も浮上(笑)
良い道具がないと良い仕事もままならないので仕方ない(本当は新しい道具買うのは大好き)

ともあれ、大きな怪我もなく無事に2018年も過ごせました。

たくさんの現場でたくさんのみなさんにお世話になりました。
この場を借りてお礼申し上げます!

ベースキャンプの工事は新年4日から再開です。
職人の皆さん、ゆっくり休んでください!!

2018年12月28日金曜日

メリークリスマス

小田原から間髪入れずに埼玉県は飯能市へ!
平山副会長のベースキャンプ3号店、着工開始であります。

暖かい湘南に比べてかなりだいぶ朝晩が冷える秩父の玄関口ですが、工事は順調にスタートしてます!

2018年12月22日土曜日

ウィステリア完成!

二期工事に分けての小田原現場がついに終了〜!
オーナーのK藤さん、たくさんお昼に連れていってくれてご馳走さまでした。
久しぶりの現場泊でも大変お世話になりました!

そして2階全部と1階ピナクルも、納得行く塗装をセルフでしていただきお疲れ様でした!
壁とマットの基本的な工事は完成しましたが、Do it your self指数が非常に高いオーナーさんなので、ここからオープンまで、そしてオープン後もさらなる進化を続けていく模様です(笑)

グランドオープン予定日は、
2019年1月17日大安吉日の木曜日です!
なお、このジムは天下の国道1号線沿いにあって、毎年正月に行われる箱根駅伝のルート沿いでもあります。
正月2日には内覧会を兼ねた箱根駅伝応援イベントもあるそうなので、お近くのみなさんは是非登りながら楽しんでくださいね!

2018年12月20日木曜日

小田原ウィステリア

二期工事も、
前半の第一期工事でがんばった甲斐あって、
まもなく完成!
オーナーさんには昼飯にあちこち連れていってもらい、小田原メシにもだいぶ精通!?
甘党の自分には毎週水曜日の出張販売のクレープ屋台が一番の楽しみだったりして(笑) 笑顔の素敵なお姉さんがたっぷりまったりなボリューミーな各種クレープを作ってくれて、それがかなりがっつり!
昼飯もどえりゃあガッツリ!
ご馳走さまです!!